忍者ブログ

ポン豆ヤ日記

このHPでもっとも更新されているコーナーです。

個展のご案内

改めて、今月半ばに毎年恒例である、FALLさんでの個展があります。




ポン豆ヤ個展 vol.11
『踊る暗号』展

日時:2015/2/18(wed)〜2/22(sun)
   12:00〜20:00
場所:西荻窪 gallery FALL
   HP→ 展示の案内→
在廊日:金土日(20.21.22)

ポン豆ヤによる消しゴムはんこの展示です。
今回は暗号になった人物達と遊んでもらおうと思います。
ちょっと遊び方が複雑なのですが楽しんでもらえると、思います!
暗号、解いてみて下さい。
ちなみにDMも暗号になってます。
会場で一緒に解いてみて下さい!


踊る人々のはんこ、販売用です。

暗号、作ったものの、あんまり踊ってないな、と思ったので作りました。
もっとできそう。

肝心の暗号の展示方法について悩んでいましたが、はんこならではの隠し方を思いついたので実行したいとおもいます。

グッズの写真は天気の良い日に撮影してのっけようとおもいます〜。

よろしくおねがいします!


**ちなみに、先日、FALLさんの年始企画「2014年の3つ」に寄稿(ていうのか?)しました→
「2014年の3つ」もくじ→
みなさんの2014年、面白いです。
色々みたりしてた割には、この企画の為に思い返してみても出てこなかったので、もうちょっと記憶に留めるべく、なんかしら記しときたいと思いました。
文章をまとめるのが下手になりすぎているのでブログにした方が良さそう。
といいつつ、もうひと月も過ぎている…。
あ、今日レゴムービーを観てとても楽しかったです。
…感想が薄いなあ。
感動は濃かったです。**



PR

コミティアありがとうございました


ブースの様子。
蟹をヨイショオ!という感じでつり上げるなめくじ君。そしてその下には…



なめくじみくじ(人形付き)がみるみる旅立っていくのが嬉しかったです。
そしてちょっぴり寂しかった。
光るナメクジは今頃皆さんのご自宅で光っているでしょうか。すごいことだな。
なめくじバッジやマグロやサンマも完売しました。
バッジを買われる際「サンマひとつ!」と言って下さった方がいて、とても魚屋っぽかったです。

なめくじバッジにはこんな秘密も…↓

コミティア撤収後、スーザンさんが買って来てくれた蚕の缶詰を開けて食しました。
激震が走りました。
その結果については次回のいきもの新聞「食べてみよう!」コーナーでお伝えします。


その後、前回も訪れた恵比寿の中華屋へ。
いきもの新聞メンバーはそれぞれ別の地に住んでて、次回のコミティアまでもう会えません。
その為、この打ち上げと言うかご飯会で会議です。
長居してもお茶を淹れてくれ、笑いかけてくれる優しい奥さんと娘さんに前回同様、癒されて帰宅しました。しかもうまくて安いんだよ。すみません、ありがとうございます。

コミティアでは平澤南さんというイラストレーターの方の絵日記を購入したのですが、充実感がすばらしかったです。
毎日描いてる事もすごいし、イラスト一枚一枚がうまい。楽しい。すごい。
サイト→

さて次は二週間後の個展です。
準備も佳境に入りつつあります。
お知らせはDMを発送後、したいと思います〜
いきもの新聞は個展でも配ります!
よろしくおねがいします。

いきもの新聞3号!




明日、2月1日のコミティア111というイベントでいきもの新聞3号を配布します。
今回の特集は「なめくじ」です!

大嫌いな方の多いなめくじ…
しかし私はなめくじに触れた記憶が驚く程なく、イメージのみの存在でした。
謎多きの生態が明らかになります。
今回はデザイン担当の町子さんが特集記事を書いてくれました。

以下、内容です。

・特集「殻のない貝 なめくじ」
・疑問を解消!実験コーナー「ビール好きで銅嫌い?」
・生物さんぽ「東京大学本郷キャンパス〜なめくじを探して〜」
・食べてみよう!「ベジマイト」
・なるほどホヤ教室「日本以外でホヤは食べられているの?」
・妄想生物図鑑「エビスノギョモウ」
・ホヤくん第三回
・いきもの伝説
・工作コーナー



果たしてみなさんの反応やいかに。

なめくじグッズは、語感だけで作る事が決定した、「なめくじみくじ」
なめくじが持ってるバージョンとおみくじオンリーバージョンとあります。
おみくじのみバージョンはおみくじっぽさがすごい。

なめくじ人形は暗い所で光ります。

毎度おなじみスーザンさん作「やわらかバッジ」。なんと今回は三種類も!

貝っぽい。かつてない程のキッチュなめくじ
サンマ。 マグロ魚大好きスーザンさんならではの部位の細かさよ。

やわらかいです。

あとコミティアなんで、なめくじ4コママンガのポストカード 作りました。
タイトル「石だと思った」


あと、
なめくじで数字のはんこも作ってみました。作りやすそうだなと思って…

使い道が分かりません。でもパッと見なめくじと分からないので良いと思います。
小さめのペンケースにも入る極小サイズです。

あといきもの新聞のロゴのはんこも彫ったので袋をたくさん作りました。


ではでは明日、ブースナンバー「G06a」でお待ちしております!

相撲ファン



1/8発売の「相撲ファンvol.1」にはんこイラスト掲載しております。

お相撲好き、そうでない方も本屋さんに行かれたときは、ぜひお手に取ってごらんください!

お相撲さんとか彫りました。
私自身は全く詳しくないのですが、お相撲資料として、写真がいっぱいあって参考になります。
読み物も充実してました。
私が担当したのはデーモン小暮閣下の日記付きの相撲歴史年表の後のコーナーです。
お相撲さんのポーズと言うか、所作についてのところ。
相撲って儀式だったんだよなあ、と思いました。

そういえば、去年奈良の當麻寺へ行った時に、相撲発祥の地と謳っていたことを急に思い出しました。調べてみたら相撲神社も近くにあるのだな。今度行ってみようかな。

築地探訪



いきもの新聞の記事のために、築地のセリに行こう!
となり、行ってきました。

深夜に築地に集合し、ファミレスで時間を潰して、午前3時半にセリ見学の集合場所へ向かういきもの新聞メンバー。
 
しかし、あれ…人が全然いない…
けどここで良いんだよね?とキョロキョロ。
隣の警備員室のおじさんに「あの〜セリは…」と訪ねると
「今日はやってないよ!すみませんね!」とニコやかに返答される。

やってない!!

え〜!なんで!
みると集合場所の入り口に「年末年始は繁忙期のため、築地のセリ見学はやってません」という意味の看板が。
呆然とする一行。
そのままフラッと勝どき橋へ。夜景を眺める。
セリ場らしき、川に面した部分がみえる。あそこで行われるんだあ。
夜だか朝だか分からないうちから、こうこうとしてる事に感動する。
「とりあえず場外をウロウロしてみよう」
という事になり、お店のある方へ歩き出す。
セリ見学の受付場所で同じく「あれ?」てなってる外国人観光客らに丁寧に説明してあげるスーザンさん。
聞いた女性は爆笑。そりゃ笑うしかない。
遠い異国からわざわざ来たのに…それを思うと自分らの不運もさほど苦にならず。
というかこれはこれで新鮮だった。

その後場外をウロウロしてファミレスへ行き、午前九時頃に再び場外のお寿司やさんへ。
とっても美味しかった。
場内も相変わらずすごい。前に来たときより働く人々がセカセカしてたような。

楽しかったです。
その辺の内容は今度記事になるかもしれないので割愛します。

日向で眠るおっちゃん

写真では伝わらないけどかっこいいんです。

高級キノコ買いました。普通だった…


次回いきもの新聞は2月1日のCOMOTIA111にてブースNo.はG06aです!
なめくじ特集〜
新聞ができたらまた改めて記事を書きます。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]