忍者ブログ

ポン豆ヤ日記

このHPでもっとも更新されているコーナーです。

いきもの新聞2号!



いきもの新聞の第2号が11月23日、ビッグサイトで行われるコミティア110で発行されます。

内容は

・特集「タコ」
・なるほど!ホヤ教室
・生物散歩「松島水族館」
・工作コーナー「ごきげんタコ」
・妄想生物図鑑
・食べよう!コーナー
・いきもの伝説
・ホヤくん

今回は私がタコの生態について気になってたことを調べて書きました。
字が沢山になってより、新聞ぽくなりました。今回も充実したものになったと自負しております。ぜひ一枚。

コミティアではグッズも販売します。


エコバッグ

メジロダコハンコ

毎度おなじみタコ数字ハンコ


スーザンさん作「タコバッチ」!

そしてスーザンさん作「タコハンカチ」!

めちゃくちゃかわいい。
この他町子さんによる刺繍ものも登場する予定です。

コミティア当日はブースNO.す21bでお待ちしております。

PR

RICE DANCE


ひと月ぶりです。
全然更新してなかった…

今月のはんこ、更新しました。
毎日お米がおいしいです。
という気持ちがはんこに現れたようです。

最近は受注はんこの制作といきもの新聞2号の制作をしています。
いきもの新聞、今回はタコ特集です。
再来週ごろにはご紹介の記事が書けると思います。
今回も充実の内容となりました。
グッズも、いきもの新聞メンバー一同、気合い入れて作っております。

あと、12月の展示に向けて制作も始めました。
落語展です。
蕎麦

HPの不具合であった「仕事履歴」のコーナーを閲覧できるようにしました。→
あと開店予定も更新しました!→



最近、グーグルマップで10歳まで住んでいた九州の自宅付近を散策しました。
私道とか商店街とかは入れないんですけど、それなりに楽しかったです。
バーチャル里帰り。
すごく校庭が大きな小学校に通ってたんですけど、子供の頃の記憶だから今みたらそうでもないだろう、と思って見に行ったら、やっぱり大きかったです。
子供はいまどのくらいいるんだろうか。


鷗外はんこ



千駄木にある「森鷗外記念館」の鷗外パスというスタンプカード形式の定期観覧券のスタンプを作りました。
昨日、いきもの新聞の打ち合わせを上野ですることになっていたので、ついでに、と森鴎外記念館にはんこを持って行きました。
展示のチラシがいつもかっこいいなあ、と思って持って返るも行った事がなく、どんな所かと思ってたら、住宅街に唐突にコンクリのキリッとした建物が建っててびっくりしました。
要塞感すごいです。

鷗外カフェや上野のギャランで、打ち合わせをし、(間に新東洋でご飯食べ、)解散し、
がんばるぞ!と思ってそのあと何となく行った本屋でウール刺繍の本を立ち読んでたら、興奮してきてウール刺繍を今したい気持ちです。

今月のはんこも更新しました。
「星みる子」というタイトルにしてみましたが、なんだか昔のアイドルっぽいですね。



開店情報を更新しています。
落語展があるので落語を聴きたいところです。
あともう一個、来年の3月、目白ポポタムさんの「妄想ロックフェス」にお誘い頂いてます。(→今年の様子
今年は行けなかったのですが…
楽しそうなイベントだなあ。
どんなバンドにしようかな。

奈良でした
















左からJR奈良駅近く「出雲そば だんだん」の山かけそば、高畑町のカフェ「コバト」のさんま蒲焼き定食、近鉄奈良駅近く「まめすず」の豆乳クリームを使ったケーキ。どれもめちゃうまいです。そしてどこも、食べてほっと落ち着くところです。



 


思い出の室生寺・・



大変楽しかったです。展示も滞在も。
もう奈良奈良言い始めて3年ほど経ちましたが、馴染みが深くなって行くのが嬉しいです。
また来年もやりたいです。

はんこのご注文もたくさんいただきましてありがとうございます。
これはほんとに予想外でした。ご好評嬉しいです。
ご注文分は、少しずつやっていきますので、しばしお待ちください。
ご注文頂いている方には一度、ご連絡を差し上げております。
万が一ご連絡がない、という方がいらっしゃいましたら、pehehen☆gmail.com(星を@に変えて)までご連絡ください。

展示も半ばを過ぎました

毎日、初めましての人や、お久しぶりです!という方に会えて楽しいです。

道具だけお貸しするので彫って見ませんか、てキットもご用意してます。




彫刻刀ならではの味わいがでます。

17日は二月堂の盆踊りに行って来ました。
この盆踊りに行くために今回、奈良に来たので、なんかもうすごく興奮しました。
東大寺の上、森森とした周りが本当に真っ暗な道を登って行くと、二月堂。
もう、人がものすごく。皆、踊りまくってました。



二月堂から見るとまたすごく良いです。まわりとのコントラストが…
そして踊る人々がうねっているのがみえる。

また来年も来よう、と思いました。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]