忍者ブログ

ポン豆ヤ日記

このHPでもっとも更新されているコーナーです。

今月のはんこ

今月のはんこ更新しました。
こないだ、「花の本」というボタニカルアート本を買いまして、花のことを勉強しています。
季節の花とか、全然知らない割に、絵やはんこししようとすることが多いので、知ってたらもっとうまく描けるかなと思い、買いました。
秋の花はシクラメンということで、彫ってみました。

うつむきがちな美女という感じで。ちょっとエロチックにおしりのラインみせてます。

1年くらい季節の自然物でやってってみようかなとおもいます。

先日買ったスピリッツのふろく、「水木しげるやわらかカレンダー」の今月のキャラクターがかわいいです。「百目の子(”悪魔くん”より)」らしいです。ランドセルもって…か、かわいい!
 

ではでは!
PR

ゲロゲロ

今月のはんこ、更新しました。
あとHPのお仕事履歴を画像付きのものにしました。→
履歴は2012年ぶんまでアップしてます。
2013年分はまたのちほど。

ひさしぶりにお仕事イラスト彫りました。
現在発売中のレタスクラブVOL.782にはんこイラストが載っております。
あと9/6発売の「dancyu 10月号」の調味料特集のコーナーでも使って頂いてます。
エビとかイカとか好きなものを彫って楽しかったです。
本屋さんで見かけたらご覧下さい。


 

あと、先日のコミティアでの「MAPW」の握手会の様子がアップされてました。→

私の絵日記はこちら→

秋、っぽい夏。
夏、っぽい秋。
どっちでしょうか。

「寝る子は育つ」展、終了しました

7月からひと月、続きました「寝る子は育つ 展」終了しました。
お越し下さった皆様、ありがとうございました!

ワークショップも、無事、終わりました。
満員御礼。皆さん、かわいいはんこをこさえて、帰られました。
写真とか撮るの、忘れた…
彫刻刀で彫るはんこは、下絵と出来上がりの違いが楽しいのが魅力。
いろいろ、彫って、押して、驚いて楽しんで欲しいです。

ひと月、早かったなあ。
途中でマンガが落ちかけたりしていたのを、ノラやスタッフさんが直してくださっていたのを、搬出時に気づきました。お世話かけました。

ワークショップの帰り、阿佐ヶ谷に2店舗ある「書原」という本屋をハシゴしていました。
棚の作りがちょっと変わってて、行くと必ず、「おっ」と思うような本に出会える好きな本屋さん。町の本屋さんらしい佇まいにも安心します。

阿佐ヶ谷にはかなり長い商店街があります。
阿佐ヶ谷駅南口から1キロ位あるんじゃないかとゆう程長い商店街です。
そこを抜けると書原の南阿佐ヶ谷店に着きます。

私は10代の頃、阿佐ヶ谷の古本屋でバイトしていたのですが、バイト先が北口だったこともあり、この商店街へは殆ど入ったことがありませんでした。
商店街の入り口にも古本屋があって、そこに、何度か入ったことがある位。
そこを訪ねるつもりで商店街に入りましたが、見つけられませんでした。
まあ、もし見つけられても、22時を過ぎていたので、おそらくやっていまい、と早々に諦め、南阿佐ヶ谷駅前に行くために、商店街を散策してみました。



 
西荻窪の商店街には「ピンクの象」がぶらさがっているのが名物ですが、
阿佐ヶ谷の商店街にはted(らしきもの)がぶらさがってました。



作りかけの四つ足動物も


何か色々ぶら下がっています。
なんなんだろう。これ。
そのあともイルカとか人魚とか、魔人とか、ぶりぶりぶら下がっていました。
学生っぽい人達が、一生懸命作業をしていました。近く、七夕まつりがある、という幟があったりしたのでそれなのかなー。
西荻窪のピンクの象も学生が商店街に贈ったものだという話を聞いたことがありますが、これらの創作物も、ゆくゆくはこの阿佐ヶ谷商店街の名物になるかもしれません。

商店街はなんだか懐かしい雰囲気で、相当年季の入ったお店がたくさんあり、どれもシャッターが降りていました。それはおそらく22時だからだと思いますが。
懐かしく、時間のせいか、ちょっと寂しく感じられた商店街。
大阪にも、岡山にもこんな商店街あったなあ。と歩きながら思いました。
違う土地で似た風景を見ると、無闇に嬉しくなります。
みんな日本人なんだわあ、と思う。

「マサユキ」というお店の看板。いや「ザ セール」が名前かも知れない。

そんな商店街でした。
書原では「絵本たんけん隊」という本を買いました。
沢野ひとしさんの表紙、扉絵がたまらなくて買ったのですが、椎名誠おじさんの話が楽しくて、絵本が作りたくなってきました。
また一冊、良い本と出会えて嬉しかったです。
うーん。阿佐ヶ谷に住みたい。

ではでは。


はんこと私と高円寺

木彫りソフトクリーム看板/奈良・明日香村にて
暑いですね。
本当にいきなり暑くてびっくりしています。

ああ暑い。

展示中の間、週末は、高円寺を訪れる事にしています。
私は数年前まで三鷹に住んでおり、10代は中央線沿いで過ごしましたが、最近改めて、思うことがあります。
中央線の駅は、ひと駅ごとにそれぞれキャッチコピーが出来そうなくらい独立した雰囲気があるなあ、ということです。
今住んでいるのは東京の下町になりますが、近辺の雰囲気は数駅歩いてもそう変わりません。
キャッチコピーをつけるとしたら
「昔ながらの下町」
「昔ながらの商店街」
「昔ながらの散歩道」
みたいなものしか思い浮かびません。

一方、中央線は
「ジブリと公園と僕たち私たちの街」
「バンドマンと阿波踊りの街」
「古本と名曲喫茶のある街」
「サブカルチャーの街」
「区役所のある街」

なんで中央線はこんなに違うのでしょうか。
単に自分が親しんでいたから違いを如実に感じるというだけなのかもしれませんが。

先日、都外から展示に足を運んでくださった方が
「高円寺はザ・中央線て感じですね」
みたいなことをおっしゃっていて、高円寺駅周辺の濃さを実感しました。
そんな高円寺のノラやさんでの展示、物販コーナーの様子。
高円寺感を表したカオスな感じになってますが、楽しんでいただければ幸いです。



安眠守りは、袋に、紙芝居的なマンガとはんこが入ってます。
眠れない夜に使ってみてください。




ついでに先日作ったご注文のはんこのご紹介

まとめて8個のはんこのご注文だったのですが、
一つの箱に入れるとゴージャス。(な気がする)

 



底にも押してみました。
これカワイイから、今度こうゆう箱作ろうかなとか思ったりしました。

あ、あと28日のワークショップ、現在8名様のご予約いただいてるそうです。
あと2名、空きがございますので、ご興味あるかたはお早めにどうぞ!
詳しくはこちら→

ゆるいかんじではんこ作り、雑貨作りを楽しんでいただけたらと思ってます。

ではではー

梅雨入り

過ごしやすい梅雨がやってきました。
これが終わったら夏です。
クーラーが壊れたままなので怖いです。

今月のはんこ、更新しました。
水芸をやるひとがこんな格好かどうかはよくわかりません。
でも傘が無いと濡れるよなあ、と思って。自分で水出して濡れるのを防ぐ。
マッチポンプってこういうことでしょうか。
なんか稲刈りしてるひとみたいになりましたね。

展示用の作品を作っています。
はんこというより、はんこを使ったイラスト、絵みたいなものをずっと作りたいと思っていたのですが、それは「版画」だったと気づいた今日この頃です。
ということで、今回は割としっかり版を2版作って色を重ねて絵を作っています。
難しいですねえ。
しかしそれ以上に楽しくて仕方が無いです。


【いねむり】

どれも小品ですが…

DM、先日入稿したので来週、色々な所にお配りに参ります。
送付ご希望の方はメールなどでお知らせください。
今回は少なめに刷ったので、前回の展示のご芳名帳のご記帳をもとにお送りします〜。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]